タイトルイメージ  ようこそ酒道連盟へ!     
会員のページ
 

日本酒道連盟規約

          第一章  総     則

  (名称)

第一条 本連盟は、 日本酒道連盟という。

  (事務所)

第二条 本連盟は、 事務所を東京都におく。

  (支部)

第三条 本連盟は、 理事会の議決をもって、 地域又は職域団体を単位として支部を設ける
     ことが出来る。

   二、支部の設置並びに運営については別に定める。


           第二章  目 的 及 び 事 業

  (目的)

第四条 本連盟は、日本酒を愛好する者を結集して、 酒の文化を研究し、 酒の作法を研き、
    人格の高揚を計り、 相互の懇親を深めることを目的とする。

  (事業)

第五条 本連盟は、 前条の目的を達成する為に次の事業を行う。
   1、 酒道の段位を与え自覚を促す。
   2、 機関紙を発行し、 酒の文化を研究すると共に、 酒に関する知識を広める。
   3、 前項の目的を達成する為、各種催事を主催する。
   4、 その他本連盟の目的を達成する為に必要な事業。


           第三章  会     員

  (会員)

第六条 本連盟の会員は次の通りとする。
         正 会 員  本連盟の目的に賛同して入会した者
         賛助会員  本連盟の目的に賛同して入会した法人、 その他の団体

  (入会)

第七条 会員になろうとする者は、 入会申込書を理事長に提出し、 常任理事会の承認を受
    けなければならない。入会に際しては、 総会の議決により、 定められた入会金を納
    入しなければならない。

  (会費等)

第八条 会員は、 総会の議決により定められた年会費等を納入しなければならない。
   二、特別の費用を必要とする時は、 理事会の議決により臨時に寄付金を募集すること
    が出来る。

  (資格の喪失)

第九条 会員は、 次の事由によってその資格を喪失する。
   1、 会員が退会届けを提出した時。
   2、 会員と本連盟との連絡が不通となる等、 その他、 諸般の事情により理事会がその
    会員には本連盟員としての資格を保持する意思がないものと認めたとき。
   3、 理事会が、 会員に本連盟の名誉を傷つけ、又は、 酒による非行、 法律違反行為が
     あったと認めた時。


           第四章  役     員

  (役員)

第十条 本連盟に次の役員をおく。
   1、 名誉理事長(総裁)    一名
   2、 理事長           一名
   3、 専務理事          若干名
   4、 常任理事          若干名
   5、 理事             若干名
   6、 監事             二名
   7、 事務局長          一名
   8、 顧問             若干名

  (役員の選任及び任期)
第十一条 理事、 監事は総会でこれを選出し、 理事会は互選で、 名誉理事長、 理事長、 専
      務理事、 常任理事を定め、 事務局長は理事長が理事会の議を経て理事の中から委
      嘱する。
   二、理事及び監事の任期は二年とし、 再任を妨げない。
   三、補欠又は増員により選任された役員の任期は、 前任者又は現任者の残存期間と
    する。
   四、役員は、 その任期満了後でも、 後任者が就任するまではなおその職務を行なう。

  (役員の職務)

第十二条 名誉理事長は本連盟の象徴として会員を統括する。
   二、理事長は本連盟の会務を総理し、 本連盟を代表する。
   三、専務理事は、 理事長の命を受け会務を統括し、 理事長に事故ある時、 又は理事長
    が欠けた時は、 あらかじめ理事長が指名した順序で、 その職務を代理し、 又はその
    職務を行なう。
   四、常任理事は、 理事長及び専務理事を補佐し、 総会及び理事会の議決に基づき、 会
    務を分担する。
   五、理事長、 専務理事、 常任理事は常任理事会を構成して、 本規約に定める事項のほ
    か理事会から委任を受けた事項を処理する。
   六、理事は理事会を構成して、 本連盟規約に定める事項の他、 本連盟の総会の権限に
    属する以外の事項を議決する。
   七、事務局長は、 日常の会務を処理する。
   八、監事は会計を監査する。

  (顧問)

第十三条 本連盟に顧問若干名を置くことができる。
   二、顧問は理事会の推薦により理事会が委嘱する。
   三、顧問は会の諮問に応じ、 必要により理事会に出席できる。


           第五章  会   議   等

  (理事会の招集等)

第十四条 理事会は、 理事長が必要と認めた時召集する。但し、 理事現在数の三分の一以
      上から会議に付すべき事項を示して、 理事会の招集を請求された時は臨時理事会を
      招集しなければならない。
   二、理事会の議長は、 理事長又は理事長の指名した者とする。
   三、理事会の議事は出席理事の過半数をもって決し、 可否同数の時は、 議長の決する
     ところによる。

  (総会の招集等)

第十五条 総会は毎年一回理事長が招集する。
   二、臨時総会は、 理事会が必要と認めた時理事長が召集する。
   三、総会の議長は、 理事長又は理事長の指名した者とする。
   四、総会は本規約に定めるものの他、 次の事項を定める。
       1、事業報告及び収支決算に関する事項
       2、事業計画及び収支予算に関する事項
       3、財産目録についての事項
       4、その他、 本連盟の業務に関する重要事項で理事会において必要と認める事項。
   五、総会の議事は、 本規約に別段の定めがある場合の他、 出席した会員の過半数をも
     って決し、 可否同数の時は、 議長の決するところによる。

  (事務組織)

第十六条 本連盟の活動を促進する為、 理事会の議を経て、 必要な事務組織を設けること
      が出来る。


           第六章  会     計

第十七条 本連盟の会計年度は毎年四月一日より翌年三月三一日迄とする。
   二、本連盟の経費は入会金、 会費、 及び寄付金等によりまかなう。


           第七章  規約の変更及び解散

  (規約の変更)

第十八条 本連盟の規約の変更は、 総会において出席者の三分の二以上の賛成による議決
      を経るものとする。

  (解散)

第十九条 本連盟の解散については、 総会において会員の現在数の四分の三以上の賛成に
      よる議決を経るものとする。

【附  則】

   一、この規約は昭和六三年四月一日より施行する。
   二、本連盟の運営につき必要な細則は理事会において定める。
                                                       以上

【一ノ二 賛助会員に対する細則】 

    一、 入会を許可された法人は、 入会金として、 金壱○万円を納入する。
    二、 入会金を納入した法人には、 その代表者に対し、 理事長は、 酒道初段の段位を
      与え、 免状及び法人会員証を交付する。
    三、 法人会員の役員及び従業員は、 本連盟が主催する催し及び事業につき、 会員と
      同等の資格において参加することができる。
    四、 第一項一号、 二号、 五号及至七号及び一○号の規定は、 賛助会員についてもこ
      れを準用する。