タイトルイメージ  ようこそ酒道連盟へ!     
酒童子の独り言
趣意書
酒五訓
年間行事
勉強会日程
活動概要
酒蔵見学の歩み
設立当時のこと
入会方法
リンク集
お問合せ
トップページ

酒童子の独り言

徒然なるままに思いついたことを書き留めます。
日本酒に関することだけでなく、雑記ということで・・・
2009年1月24日(土)
酒蔵見学

今回の酒蔵見学は、30名集まりました。
幹事一同、がんばっていますので どうぞご期待ください。

2009年1月13日(火)
酒蔵見学

今年の酒蔵見学は、諏訪の酒蔵見学です。
5つの蔵が道の両側に並んでいて、大変楽しみな見学になること請け合いです。
どうぞ、ふるってご参加ください

2009年1月13日(火)
抗癌剤のカラクリ

抗がん剤を投与してから、十人中二人以上が、四週間で癌の大きさが半分以上縮小すると、抗がん剤として認定されます。

2009年1月13日(火)
2008年12月16日(火)
冨士の雪景色

日曜日に奥多摩に行きました。3月7日(土)開催予定の観梅と日帰り酒蔵見学の下見です。
霧雨のような雨が降り、とても冷え込んで手がかじかみました。宮ノ平駅近くで早咲きの明白院と石神液からの青梅梅郷オープンガーデンの探索をしました。
車中偶然に日本フィル・ヴァイオリニストの松本克巳氏と会い、その縁で小沢酒造の小沢社長にすっかりお世話になってしまいました。
月曜日すっかり晴れ上がり、富士山が裾野まですっぽりと雪化粧をしていました。

2008年12月10日(水)
ちょっとした ボランテイア

近所のバス停傍の電柱に長めの空缶がぶら下がっている。
2L入りのペットボトルとビニール袋を手にした初老の男が無造作に空き缶をビニール袋にぶっちゃけ、空になった缶に水を入れる。
「千円になったらやらなくなるよね!」と言いながら、来た道をとって帰る。
あの汚水をどうするんだろう、と思う。俺なら薄めて植木の油虫退治用にするか、などと、考える。
今日は気温がぐっと上がって暖かだ。

2008年9月19日(金)
佐々木久子さんを偲ぶ会

10月9日(木)午前11時から午後1時まで。
グランドプリンスホテル赤坂(旧称「赤坂プリンスホテル」)ロイヤルホールで行われます。
会費1万円(会費以外はご辞退)。平服で。
参加希望者は9月25日までに所定用紙で、FAXで申し込みを。所定用紙は日本酒道連盟(03−5225−6372)にありますので、ご連絡を。

2008年7月2日(水)
佐々木久子先生急逝さる!

日本酒道連盟の設立当初から顧問であられた佐々木久子先生が6月28日(土)入院先の柏の病院でお亡くなりになりました。享年81歳。
2年程前、ご自宅で、倒れられ、救急車で近くの碑文谷の病院に入院されましたが、悪化の一途で、一年前から、やっと4っつ目の病院となった柏の病院に落ち着かれておられたのですが、一ヶ月前からは記憶も衰えられたようでした。
賀茂鶴酒造を始め、石本酒造、蒲酒造場など、たくさんの酒蔵を案内下さり、「酒は心をつぐもの」と日本人の心を熱く語られ、日本酒道連盟の精神的な支柱としてご活躍ご支援して頂きました。心からご冥福をお祈り申し上げます。

2008年6月20日(金)
裁判員制度講習会

来年から始まる「裁判員制度」について、我が日本酒道連盟に数多くいらっしゃる弁護士の先生方から講習会を開いてもらうことになりました。
開催日時は平成20年7月12日(土)午後6時から凡そ2時間。会場は文京シビックのB1「学習室」です。会場代資料代飲み物代で会費は500円です。
日本酒道連盟会員は勿論、そのビジター、御家族親戚ご友人、ご近所の方、はたまた一般の方にも、どなたでも参加できます。広く開放して行うものです。
奮ってご参加ください!
もしかして、あなたが裁判員に指名されるかもしれません。もしそうなったらどうしますか?まだ殆どの方が「裁判員制度」のことをご存じありません。今から少しでも勉強しておいてはいかがでしょうか?
お申し込みは日本酒道連盟事務局の木田(事務局長)まで電話(03−5225−6472)かFAX(03−5225−6471)または、メール
(nihonshudorenmei0602@nifty.com)で氏名・住所・電話番号を付してお申し込み下さい。

2008年1月17日(木)
酒蔵見学について

先に京都での見学内容をこれに記載したのですが、掲載されなかったようです。
今回行事とし恒例の酒蔵見学をします。二つの蔵を訪れます。一つは20周年記念事業の一つである「マイボトル」配布を引き受けて下さった下越酒造です。全面的にご協力下さり、格安でお酒を提供して下さいます。そんな蔵でどのようにしてマイボトルが作られるか是非見てみたい、との声もあり、二度目の訪問となります。
もう一つは、今を騒がす防衛省の方の紹介で伺う蔵で、菊水酒造です。とても古い蔵です。とても楽しみにしています。皆さんもご一緒しませんか?

2007年12月26日(水)
しゅどう通信47号を終えて

 順調に入力を進め終えるとエライことが起きた。紙面に大幅な空間が生まれたのだ。色々考えた挙句思いついたのが、先日女房の実家で葬儀があり、その時についでに訪れた酒蔵である。通夜も行われた会場のすぐ近くに素晴らしい酒蔵がある。5年位前にも行ったが夏で、稲刈りに行くと言われ中も見れず仕舞いであった。東高瀬川を挟んであるその蔵が、松本酒造である。忙しい中、社長自らが蔵を案内してくれた。以前東京であった、催事で名刺交換をしており何となく記憶して頂いたお陰だと思う。いや、それより「酒道連盟」の名刺が利いたのだろうか。
 詳しくはこのCDを見て下さい、と言って、要領よく酒蔵を次々と案内して下さった。もろみのタンクを一つづつ開けてかがして下さる。日本で一番進んでいる、と言われる原料処理システムを設けられてから吟醸酒しか造らなくなったそうで、手作りの部分を大事に守っておられた。
 松本酒造の斜め川向かいに英勲の銘柄の斉藤酒造がある。ここも訪れた。しゅどう通信には紙面の関係で触れなかった。また、、突然の訪問だったので、社長も予定があり、酒蔵見学は出来ず、名刺交換だけに終わった。
 月の桂は歩いて、25分かかった。丁度社長が東京から帰ってきたばかりのタイミングの良さで、ここも 随分丁重に案内してくださった。毎年相当量の濁り酒を注文しているのと、以前にも名刺交換をしているので、私のことはよく覚えて下さっていた。蔵は本当に小さかった。歴史を十分感じさせられた。酒粕の注文はいっぱい来るんだけどねー、と嘆いていらっしゃる。待っている間にも次々と酒粕を求める客が入って来る。にごり酒以外の酒を11種類も私一人のために試飲させて下さった。どれも旨い!無農薬米を使ったのは味わい深さがひとしおだった。

2007年4月27日(金)
5月1日(火)・2日(水)両日17:30〜20:30虎ノ門パストラルホテルで銘酒を楽しむ会あり

前売り4千円、当日4,500円
全国47蔵の酒飲み比べ・料理・日本酒4合瓶土産付き
予約・詳細情報は03-3432-2591〜3へ

2006年11月24日(金)
どんぐり拾い

 ここ1ヶ月ばかりは毎日のようにどんぐりを拾っています。家で飼っている「モモンガ」の餌です。いつも通勤途上の最寄り駅駐輪場周辺のを広います。「こなら」の木が植わっているからです。一昨年から始めています。人が余り拾ってないので殆んど独り占め状態です。一日で両手一杯になるくらい拾うこともあります。
 ご存知のある方も多いと思いますが、「どんぐり」は「ブナ科」の中でも、丸く硬い実をつける木の実のことです。「こなら」の他に、ミズナラ、カシワ、ナラガシワ、、クヌギ、アベマキ、ウバメガシ、イチガシ、ハナガガシ、ツクバネガシ、アカガシ、シラカシ、ウラジロガシ、アラカシ、ツブラジイ、スダジイ、シリブカガシ、マテバシイ、オキナワウラジロガシ、と、こんなに沢山有るんですよ!春花が咲いて、その年の秋に実をつけるミズナラ、コナラ、カシワ、などや、次の年の秋に実るクヌギ、アベマキ、アカガシ、ウラジロガシ、など、色々です。秋に花が咲いて、次の年の秋に実るシリブカガシ、なんかもあります。
 去年は福島県の三春町でお寺や神社の境内、小さな山の散策路で沢山拾いました。どんぐりを拾うと、気持ちが幼い頃にタイムスリップします。落ちている所の枯葉や小さな草、小さな虫の動きまで観察できます。季節の移り変わりを肌で感じるひと時です。

2006年10月4日(水)
会報業者への原稿渡し大半終了

今やっとの思いで業者に原稿を渡してきました。あとは月見の会の記事と写真を入れるだけです。ほっと一息です。今夜は旨い酒が呑めるぞ!

2006年9月29日(金)
会報作り真っ最中

10月25日発行を目標に只今会報作りの真っ最中です。殆んどを印刷業者に原稿渡し、残りの原稿作りや校正に精jを出しています。明日は一番下のチビが結婚するというのに全く余裕がないんだから・・・会員証を見せると特別なサービスをして下さるお店、もっと集めたかったけど、時間切れ。皆さんの中で、そんな店知っていたら是非紹介して下さいネ!取り急ぎ経過報告まで。

2006年9月13日(水)
はじめまして。酒の道マダマダ用地な酒童子です、宜しくお願いします。

昨日は会報の広告取材、今日はお酒の勉強会と連日フル回転で 動き回っています。これから準備がありますので取り敢えずご挨拶代わりの報告です。

2006年9月12日(火)
酒童子紹介

はじめまして、てまりです。
これからこのページを担当していただく酒童子さんのプロフィールをちょっとだけご紹介します。
酒童子さんは、日本酒道連盟の事務局長です。
真面目で面倒見がとってもよく、会員から慕われています。
趣味は多彩で、山や海、自然と歌を愛している方です。
勿論、一番の趣味は日本酒に関することのようですが。
これから、お酒に関することや その他 うんちくも含めて面白いことが聞けそうです。
日本酒に興味のある皆さん このページをよろしく!!