タイトルイメージ  ようこそ酒道連盟へ!     
本文へジャンプ【更新日】 2013年7月26日 
趣意書
酒五訓
年間行事
勉強会日程
活動概要
酒蔵見学の歩み
設立当時のこと
入会方法
リンク集
お問合せ
会員のページ
酒童子の独り言
日本酒道連盟トップ
  
現理事長の垰野兪弁護士が

『日本古来の文化のお花・お茶などには

夫々「道」がある。ならば、お酒にも

「道」があってもよいのではないか』

と発案し、同士を集い案を練って

昭和62年11月に発起人会を、

総裁に故竹田恒徳宮様を戴いて

設立総会を昭和63年5月23日

(1988年)に上野・精養軒で

開かれたのが始まりです。
【お酒の勉強会より:甕覗】
甕覗(かめのぞき)とは、もともとは色の名前で、淡い藍色のことを言うのだそうです。併せて甕を覗き込んでいる様子をもあらわしており、なんとも粋な名前です。
3〜4人くらいの少人数で甕を囲み、ひしゃくで汲んでは飲み交わす・・・酒宴の雰囲気が、一気に和みます。

←萬寿鏡 甕覗(かめのぞき)
 <マスカガミ>
  <新潟の地酒 ふくきん本店>